導かれるために

この間、大きな決断をしました。
今まで、15年近くヨーガの講師をやらせてもらっていましたが、
ここで一度、終わりにします…
と、お知らせをしました。

目の前に与えられている、今この時を大切に生きていると、私が何かアクションを起こして「私が○○をやりますから…」が、違和感を強く感じていて、なかなか出産後の再スタートが出来ずにいたのです。
だから、今回を機に…
身勝手な行動で大変ご迷惑をお掛けしましたが、そう決断をさせてもらいました。

…今は、
この手が必要とされているのは、
娘に触れ、娘の手となり足となる…ことです。
自分勝手に生きてきた私ですが、
この命を、この時をすべて彼女に捧げていくことに喜びを感じながら生きています。
愛の手となるよう…愛の交流となるよう…

ですが、24時間ですと、どうしても体が疲れてしまいます。そうすると、心も疲れてしまう…そんな時、愕然とする心を見せられる時すらあるのです。
…時が経ち、学びの足りなかった部分があったと、その心に気付き、そしてその気付きに涙を流す…

そんな時は、やっぱりヨーガに助けられます。

私は、アーサナ・プラーヤマはプロ並みに大それた凄いポーズなどはできませんが、
古来の伝統的なヨーガの教えについては、オタクのように学んでいたので、心身に染み渡ってくれていた様です。
この教えを、
新しい今この時の学び…それは、
「無償の奉仕」と「無償の愛」の学びをしっかりして、すべてと愛で繋がり、愛の命となること。
…そしたらまたいつか、皆様と一緒にヨーガをするよう導かれたい…と。

今すぐにでも…なんて思ってしまう悪い癖ですが、
今回は、しっかりこの大切な大切な学びをし、命に変化をもたらし、
神様の導きで皆様のヨーガの元へ戻れるように…と願って過ごします。

ヨーガ講師を終わりに…ではなく、
また学びに行ってきます…と、お伝えする方が正しかったですね。

長くなりましたが、
またお会いできる日を✴︎楽しみにしております。

中内麗子

20170827-060347.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です